修理のち修理。

何とか台風も通過し、土日の仕事も目途が付いたので・・・。

カプを動かしたり何だりしてみました。

 

虫干しを兼ねて屋根を開けてみたのですが、随分久しぶりな気がします。

遠出もしていないですが、屋根も開けていないとは・・・。

 

 

帰宅後、ちょっとした作業をいくつか。

 

f:id:akr-cappuccino:20181008201255j:plain

ジムニーのエアコンダクトですが。

 

固定軸部分が割れました。

一度割れて、接着剤でくっつけてたのですが・・・。

猛暑の終わりとともに、再び割れました。

気温差が激しくなったからとかでしょうか?

 

理由はどうあれ、ダクトが動かないのも不便なので、パテで修理しましたが。

どうにも割れ方が酷いのか微妙な感じ。

修理は来週に持ち越すことにして、センターコンソールのパネルだけ元に戻しました。

 

 

続いて、レガシィのエアコンダクト。

f:id:akr-cappuccino:20181008201642j:plain

経年劣化なのか、フィンのツマミ部分がカタカタと鳴り始めました。

五月蠅いので、一旦分解し、緩衝材代わりのテープを挟んで再度組み立て。

何種類か試してみましたが、ダクトテープの厚みが一番良かったっぽい。

 

 

何だかエアコンダクトの修理ばかりしている気がします。

それだけ今年の夏は想定外の暑さだったのでしょう(雑なまとめ

 

 

しかし、もともと過走行気味のクルマを揃えているとはいえ、レガシィジムニーも、急に劣化が進んできた気がします。

ジムニーは「そういうクルマ」と割り切ることもできますが・・・。

まぁ、車高の高いクルマもそれなりに気に入ってしまったので、しばらく降りることはないかと。

 

 

レガシィも・・・そもそも原型がなくなる予定はなかったのですが。

多少パワーを上げてアシを固めたからなのか、細かいところの劣化がそれなりに進んできました。

外装や内装のリフレッシュは遊び半分に進めてしまいましたが、ガタツキ音が増えたり、作動音が微妙に大きくなったり、レストアしないとどうしようもない部分の劣化が目立ってきました。

 

エンジンブローしたときのために、次の候補も考えてはいるのですが・・・。

BL5で慣れてしまうと、現行レガシィのパッケージングは何か違う・・・。

もう少し大きいか、もう少し小さいか、はっきりしてくれるとわかりやすいんですけど。

何より、MTがない。

 

となると、一つ前、うちのレガシィからすると一つ後の型になるBM系の2.5LターボのMTってことになるんでしょうけど・・・。

これまた、何かが違う・・・。

 

乗り出したら印象変わる気もしますが。

 

 

MTの4ドアセダンで探してみると、レガシィを買うときよりもレア化しているようで・・・。

個人的な好みでFRに絞ると、

スカイライン(の、そこそこ前の型)

RX-8

あたりが価格がこなれていて・・・。

 

ある程度新しい年式でいうと、

BMWのMシリーズ全般

って感じでしょうか。

 

AWDも候補に入れると、インプ/WRX、更にATも対象にすると結構選択肢も増える感じのようで。

 

ただ、どちらにしてもセダン、そしてMTというクルマが絶滅しつつあるということのようですね。

MTだとクーペ、セダンはATって棲み分けなんでしょうね。

 

 

4人乗りのクーペ・・・借りたことはあっても買ったことがないので、使い勝手がわかっていないのですが。

乗ってみれば、それほど支障はないのかなぁ。

 

どうせクーペにするなら2人乗りのオープンでいいんじゃないかとも思ってしまうんですが・・・。

たぶん、4台目になってしまうなぁ。

 

結局、いつも通り泥沼思考で進んでおります。