赤。

いきなりですが、先週貼り忘れていたカプの写真から。

 

f:id:akr-cappuccino:20180923183930j:plain

錆止め処理とモーター移植後の新品のウォッシャータンクと、あまりにも汚いのでビニールに入れてしまった購入時についてたやつ。

カプの場合、位置的に野ざらしなので紫外線劣化が激しい気がします。

エンジン熱の影響は少なそうですけど、製造後25年も経ったら劣化も激しい。

一応、今回新品を使ってしまったので、またスズキに行って予備用に注文してきました。

 

 

・・・で、先々週注文してた部品をディーラーで受け取り。

フロント用のハブキャップです。

 

カプの場合、純正ではフロントにしか付いていませんが、リアにも付くらしい。

ってことで、ホイールのセンターキャップ代わりに使ってみます。

 

先週、耐熱塗料で塗ったら思いのほか薄い色合いだったので、フロントはマツダの赤で塗り直してみました。

リアはより簡単なので、装着前にサフ ⇒ 耐熱塗料の赤 ⇒ マツダのブレイズレッドで塗装。

 

f:id:akr-cappuccino:20180923184526j:plain

完全乾燥後、試運転がてら山の方に行ってみました。

 

まぁ、遠くから見たらセンターキャップっぽく見えるので、細かいことは忘れて作業終了としました。

 

 

で、時間に少し余裕ができたので、近場の中古車屋を回ってみました。

外車ってどんなもんかと。

 

しかし、やっぱ車体が小さいのはパワーがないし、車体が大きいのは本当に大きいので、町中では持て余しそうです。

あと、綺麗なのは高いし、安いのは本当にボロい。

・・・当たり前ですけれど。

 

 

そして、MTがない。

・・・これもわかっていましたが。

 

アルファとかだとMTも結構あるんですが、基本FFなんですよねー。

 

というか、4台体制が無駄ということでジーノを手放したのですが、さらにデカいクルマを増やすのはどうなのかと。

・・・これもわかりきっていることですが。