小細工連発。

仕事も天気も少し落ち着いてきたので、カプの整備を。

 

 

まずはオイル交換。

いつもの、ブレインズ 15W-60です。

 

オイル交換のついでに、クーラントのリザーバータンクを、随分前に買っておいた純正の新品に交換。

何故、パッキンやらフタやら、全部が別の品番なんでしょうね。

ウォッシャータンクは丸ごとで一つの品番でしたけど。

 

フタの部分が随分と固く、悪戦苦闘しましたが・・・まぁどうにか閉まりました。

ウォッシャータンクも新品を確保していますが、錆止めと同時で作業したかったので本日は保留。

 

 

うちの場合、リザーバータンクにアクセスするにはインクラ分解なので。

ついでにインクラ洗浄とスロットル洗浄。

 

f:id:akr-cappuccino:20180916202127j:plain

こう見ると、ゴム類もツヤがなくなってきましたねぇ。

2号機を買ったときに新品にしてますが、それからもう10年は経ってるわけで・・・。

 

 

オイル交換でジャッキアップしてたついでに、小細工を。

 

結局、RAYS純正のアルミセンターキャップは付かなかったわけですが。

そのままってのも・・・。

しかし、DIYで付けた場合、それなりに速度の出るカプでは吹っ飛ばないかが心許ない。

ってことで、センターキャップが付かなかった原因でもある、ハブキャップを塗装してみました。

遠くからみれば、センターキャップっぽく・・・見えるかなぁ?

f:id:akr-cappuccino:20180916202246j:plain

ひとまず耐熱塗料で塗ってみましたが、錆止めの銀塗料の上から塗ったため、微妙に「真っ赤」ではない感じに。

一度乾燥させて、マツダの赤くらいで塗り直そうかなぁ。

 

 

あと、リアはさらに小細工が必要そうなので、材料待ちです。