懐かしのヨコハマ。

ゴールドか。

それともブロンズか。

 

逝ってしまったホイールの交換用に、前から気になってたのを注文して・・・。

すぐに届きますね、通販。

 

 

 

週末、仕事に出る前にサッと交換。

 

 

f:id:akr-cappuccino:20180513201107j:plain

ワークエモーションT7Rです。

これまで使っていたSSRから1ミリ外に出るだけのはずなのですが。

スポークが大きく伸びたデザインのを選んだためか、同じ18インチの似たインセットなのに、随分と主張する感じになった印象です。

 

色はアッシュドチタンというのを選びました。

チタン・・・色なのか?

 

 

少し奮発して、きちんとセンターキャップまでセットにしたので、綺麗にまとまった気がします。

 

まぁ、私の本来の好みからすると、随分と 地 味 なのですが。

セダンとしての使い勝手を考えたら、こんなもんかぁ・・・と。

 

 

タイヤも、セダンとしての使い勝手をきちんと考えましたので・・・。

 

 

f:id:akr-cappuccino:20180513203129j:plain

アドバンです。

 

 

・・・アドバンですね。

 

カプで使い続けているBSにしようか迷いましたが、ジムニーに入れたヨコハマの印象が良く・・・。

昔使ってたネオバやSドラの街乗りの当たりの良さの記憶もあったので、いっそヨコハマにしてみようかと。

静粛性でいくと、別シリーズのアドバンにするべきだったのかもしれませんが、値段がSport V105と大して変わらなかったので、これで。

 

 

早速、その辺を流してみましたが・・・。

ディレッツァで気になっていたロードノイズが格段に減りました。

スポーツ系のタイヤでコレなら、かなり良い方ではないでしょうか。

 

あと、やはりBSと違ってサイドウォールの当たりが柔らかい印象があるので乗り心地も悪くない・・・。

というか、今の車高調のバネレート的には、これくらいのグリップの方が合っていたようです。

しっかりグリップするので、タイヤの位置がわかりやすく、運転しやすいです。

 

ただ、グリップ力が上がった分、ゆっくりゼロスタートさせると少々かったるい動きになりました。

 

 

全体的には、なかなか良い選択だったのかな、と。

タイヤに当たりが出てきたら、空気圧をきちんと調整していきましょう。

 

 

車重の軽さか、ガレージ保管のためなのか、カプのタイヤも随分と替えてないのですが。

カプのタイヤは常にBSで来ていましたが、次はコレと同じアドバンの方がフィーリング合いそうな気がしてます。