RE:リコール顛末記。

10度以下に気温が下がった東京と行き来することが増え、既に体調はおかしい感じになってますが。

休日出勤の合間に整備関係です。

 

エアバッグリコールの部品が届いたと連絡があったので、再びリコール修理のためレガシィをディーラーに入れました。

前回のリコール作業時は、グレード特定に時間がかかっただけで、クルマ自体には特に何も言われなかったので・・・クルマ預けてさっさと帰ろうとしたら・・・。

 

またうちのレガが何かに引っかかった模様。

 

ダッシュボードを外して作業するらしいのですが・・・。

そのためにダッシュボードをバラす必要があるものの、内装をDIYで変えすぎているせいで改造したパーツの保証ができず、作業ができないと。

面倒なんで作業なしで帰ろうとしたら、リコール作業をしないと次回の車検は通らないと言って止められました。

で、・・・どうしろと?

 

純正パーツ以外は壊れても良いと認めるか、DIYした部分は全部外してから再度持ってきてくれと。

いや、内装全部剥がして走ったら、それこそ問題になるでしょ・・・。

前回の問題ディーラーから店を変えたものの、販売員がトンデモ提案してくるのはこのあたりのディーラー共通のようです。

 

ピット側とも相談になり、結局、ピット内で私が内装をバラすことになりました。

工具積んできてるわけでもないので、ピットの工具を借りての作業という何ともいえない状況。

まぁ、プロが内装壊す可能性の方が低いとは思いますが、自作のセキュリティ配線とかの説明をしながら作業を見守るよりは、おそらく私がバラした方が早い。

案の定、15分程度でダッシュボードがバラけました。

久しぶりだったのでカンでバラしましたが、身体が覚えてるもんですね。

 

 

ただ、今更気づいたのですが、ダッシュボードにひび割れ発生中。

BL/BPレガシィの持病らしいのですが、死角になる部分や、綺麗に割れすぎて分割線に見えるような部分ばかりだったので全く気づいていませんでした。

 

取り敢えずひび割れをすぐにどうにかできるわけではないので、代車借りて帰宅。

f:id:akr-cappuccino:20171022210929j:plain

「シフォン」って聞いたことない車名でしたが、要はタントのOEMモデルってことでしょうね。

ほぼ新車ってこともあり、テレビから自動格納ミラーからフル装備でした。

 

しかし、ウィンカーのレバー機構が変わってるんですね。

一度レバーを動かすと、ウィンカーが出ててもレバー自体はニュートラル位置に戻ります。

従来型のように、ドライバーの好みで微妙に接触させて数回だけウィンカーを点滅させようとすると、かなり苦労する感じで。

一回どちらかにレバーを入れてもステアリングが直進位置に戻ると消えるのですが、緩やかなカーブを描いている交差点などでステアが緩やかにニュートラルに戻ると、ウィンカーが自動で消えません。

かといって、レバー位置は随分前からニュートラル位置に戻ってるので、レバーを手動操作してウィンカーを消すことができない。

逆側に多少強めにレバー入れると消えるときもあるのですが、コーナー抜けた直後に消そうとするので変な入れ方になり、逆側にウィンカーが点いて、それを消そうともう一度逆側に・・・とやってると明らかに迷惑な感じの動きになってしまいました。

説明書読んだら何か書いてあるのかもしれませんが、ディーラーに着きそうだったので諦めました。

 

前の型のタントではレバーは普通だった気がするのですが。

最近変わったのでしょうかコレ。

ステアを常にグルグル動かす人や、急に動かす人であれば関係なさそうですが、ステアは動かさずにアクセルで曲げたいタイプの人間には向いてないリニューアルですね。

ウィンカーが消えないもの。

 

 

色々ありましたが、レガ自体は特に問題なくリコール対応完了してました。

台風の影響で大雨の中、ピット内で内装を組み立て、無事退院。

 

 

しかし、マニュアル通りの対応なのだとは思いますが。

クレーム対策が強くなってきた結果、ディーラーでは純正状態以外は一切対応できませんって方針なんでしょうか。

待合室で少し待っている間、アルミホイールは社外品に変えないでくださいという話をしてるのが聞こえてきましたけど。

 

何というか、クルマに関して何でも任せられる主治医ポジションから、車という製品をただ売るだけの場所に変わってきている印象が随分強くなりました。

 

「純正部品以外は保証できないので、ご自分で作業された部分は壊れても何もできないんです」と店の偉い人が当然のように言い始めた時点で、たぶん販売員側はクルマ好きじゃなくてディーラーに金を落とす人が好きなだけなんだろうなぁ・・・と感じました。

まぁ、うちのSTIの車高調がリコール対象と断言しておきながら、数週間後に「勘違いでしたので仕方ないです」で終わらせる販売員なので、特に期待もしてなかったですが。

ただ、誤解のないように、ピットの人たちは非常に親切でしたし作業も早かったので、そのディーラー自体に憤りを感じたわけではないのですが。

もう、いちいち販売サイド通さずに、直接ピットスタッフとやりとりさせてもらえないかなぁ(笑)

 

 

ディーラーに行ったついでに純正部品を注文するつもりだったのですが、ここの販売員の人たちとやりとりするのが面倒になったので、部品は別の通販で頼みました(爆