火花バチバチ。

天気が良いときに限って体調悪し。

ひとまず、ちょっとした作業のみやっておきました。

 

洗車ののち、ジムニーのボンネットをオープン。

今回の問題は…イグニッションコイルです。

 

目立って調子が悪いということでもないのですが…。

イマイチ始動性が良くない。

高回転まで回したときに、微妙に音が揃ってない気がする。

 

プラグは換えたので、いかにも見た目からして疲れ切ってるイグニッションコイルを交換してみることにしました。

ただ、初期化にそれなりの費用をかけてしまってるので、できれば節約モードで行きたい。

フツーにメーカー品を買うと、2万や3万するみたいです。

 

アフター品だとNGKのが良いようですが、「長期欠品」なんて表示になってるネットショップが多い。

かといって、ネットの「ノーブランド格安新品純正相当品」の評判は結構悪いっぽい。

ならば純正品の中古か?と調べると…。

 

どうやら、初期のジムニーイグニッションコイルは三菱製とデンソー製が混在採用されていて、初期型に多い三菱製は評判が良くないようです。

まぁ、うちのは初期型ってほど古くもないので大丈夫でしょう…と確認すると、見事に三菱製。

マジか…。

 

ただ、そんな事情があるからか、微妙にジムニーの中古イグニッションコイルは高い。

しかも混在採用の関係か、年式とパーツメーカーが一致しない。

ネットで調べてみたところ、三菱製は初期のみで、途中からはデンソー製にシフトしたっぽいですね。

そのデンソー製も、NL1ってのが途中から改良版のNL2ってのになったらしい。

 

某オクの写真判断という賭けで、安くて低走行の中古品をターゲットに探し、どうにか見つけたのが、K6Aアルト用、10万キロ外しのデンソー製NL2。

ちと走行距離がかさんでいますが、1本500円だったので、賭けのつもりで購入。

エンジン一緒なら付くはずですが、細かい制御とか変わってたらアウト。

 

f:id:akr-cappuccino:20170514191150j:plain

10万キロ物にしては随分とキレイです。

コーティングも剥がれていないし、汚れという汚れもなし。

というか、現状の17万キロ物が汚な過ぎ。

 

当たりを引いたのか、フツーに付きましたし、フツーに調子良いです。

劇的に変わったというレベルではありませんが、ヘタったプラグを換えたときのように、「全域でキレイに回るようになったし、アクセルのツキが良くなった」という感じです。

まぁ、1500円でやった整備としては成功ではないでしょうか。

 

バラしたついでに、先日の新品交換で余ったカプの純正アースを流用し、汚くなってたヘッドカバー周りのプラパーツを再塗装しておきました。

 

 

試走途中に、記念写真。

f:id:akr-cappuccino:20170514191243j:plain

天気が良すぎてわかりづらいのですが…。

グリルの塗装後、インテーク部分に赤のアクセントラインを追加し、カプから外したブルーのアクセサリーライトを追加しました。

あと、サイドにモンスターのアルミステッカーを追加。

 

派手な個性はないですが、ノーマルでもなければ特別仕様車「っぽい仕様」って感じでもなくなってきたので…コレくらいでちょうど良いのじゃないかと。

 

私の性格上、インテークがいつ巨大化するかわかりませんが…急ぎではないかと。

 

 

そういや、ボンネットインテーク付きのクルマ買って、インテークがノーマルのままってことがなかった気がしますが。

でも、ジムニーでやると、地味に死角が増えるんですよねー。

車高低いクルマばかりに乗ってきたので、死角ってリア側ばかりを考える癖が付いてしまっているのですが。

停車中のジムニーの前を小さい子供が横切ると全く見えなくなることに先日気付きました。

頭ではわかっていても、実際自分で経験すると結構な驚きです。

そういうのって、何となくトラックくらいの大きさのクルマでしか起きない気がどこかでしてたので。

 

やっぱ、いろんなジャンルのクルマに乗るのも勉強になるなぁ、と思った次第。