比較してみる。

仕事の関係で、某国の法制度を調べてました。

当たり前ですが、国によって考え方が全然違うわけですが。

日本の「常識」に慣れてると、やっぱ違和感があります。

 

国と言えば、イギリス。

随分荒れているようですね。

 

拮抗してる状況で「残留派優勢」なんて言うとアナウンス効果で不味いことになるんじゃないかと思ってましたが、本当にひっくり返るもんなんですね。

ここまでネット環境が発展して、誰でも発信できる時代になってくると、投票制度自体変えないと国がひっくり返るような決断が勢いで決まってしまうような気がします。

イギリスの人たちが勢いで決めたとは思いませんが、今度はソースがツ○ッターの「投票結果に後悔している」なんて話が拡散されるような状況だと、政治の混乱以外の何物でもないかと。

 

日本もイギリスのことばかり言えないような状況ですが、果たしてネットに軸足置くような時代に上手く政治が回るんでしょうかね。

 

 

さて。

梅雨の中休みか、晴れてます。

 

数週間ぶりにカプを外に出しました。

新しいサスにも馴染みが出てきたのか、当たりが柔らかくなった気がします。

 

FFと4WDに乗る時間が大幅に増えてしまいましたが、やはり後輪駆動の動きが一番落ち着きます。

さらに言えば、MRよりもFRでしょうか。

 

帰宅後、雨続きで留守番続きになってたレガシィを引っ張り出します。

テキトーなルートで走ってたんですが、気が付けばカプで走った道に合流してしまいました。

 

レガシィの方が重いからか、跳ねるような感じは随分少なくなってるんですね。

まぁ、車重2倍違う割に、車高調のバネレート一緒だしなぁ。

 

2台で流してみた結論。

やっぱ、カプに6速が欲しい。

レガシィ、やっぱ燃費悪いなオイ。

 

 

何をやったということもなく、ただクルマを換えてグルグル回ってただけで一日が終わってしまいました。

 

うーむ、しかしやはり普段使いにも後輪駆動が欲しいですねぇ。

4WDのジーノをFR化するとか、費用対効果的にアリかなぁ…。

ナシだろうなぁ…。