レンズをマウントしてみる。

季節の変わり目による体調不良に疲労が加わりへばってましたが、ボチボチやってます。

 

さて、梅雨が近づいてきたようで天気が安定しません。

とはいえ、梅雨が明ければ今度は高温と蚊がやってくるのが目に見えているので、ゆっくりと作業を進めます。

 

一応作ってみたウィンカー改ですが、アルミテープ工作で位置出しした部分が1ミリくらいズレてる感じがします。

縦数センチのパーツで1ミリズレてると、微妙に目立つわけで…。

 

プラ版工作で誤魔化そうとしたのですが、納得いく形にならず…。

色々やってたら、こうなりました。

f:id:akr-cappuccino:20160605220352j:plain

要は、クリアウィンカーのマウントを作ったわけです。

 

もともとバイクのウィンカーはクルマに付くような作りになっていないわけですが、レンズだけ流用するなんて無理をするとこうなるわけで。

レンズ本体やマウント周りもかなり手を加えたのですが、出来上がってみるとその辺の苦労はわからない感じ。

 

相変わらず、もとの形に戻せるようにしてるため手間がかかってるんですが、いっそパテで作り直して直接レンズを埋め込んだ方が遥かに楽だった気もします。

 

 

微妙な天気が続くとクルマが出しづらいのですが、しばらく休日のボランティア活動が続くので動けそうにない感じがします。

梅雨明けまでには色々形にしたいのですが。