読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジーノ快適化計画。

ふと玄関前の飾り柱を見ると、ヒビが入ってました。

いや、数年前に中古で買ったときからヒビは入ってた気がする。

この前の地震でヒビが大きくなったのか、地震の影響でヒビが気になるようになったのか…。

どうせタイルの表面が割れてるだけなので強度的には関係なさそうですが、こういうのは気になりはじめるとダメなもので。

 

ホームセンターで住宅用パテを買ってきて適当に直しておきました。

パテ自体で強度出す必要がないからなのか、普段使ってるボディパテに比べるとビックリするくらい柔らかいですねコレ。

 

 

さて。

連休後半の出来事まとめ。

 

オフ会も終わったのでカプのフロント部分のマイナーチェンジを始めました。

本来こういうのはオフ会前に終わらせるものでしょうし、連休の初めに手を付ければ良い話なのでしょうけど。

まぁ、私の場合は体力と相談する方が大きいのでしょうがない。

 

 

で、DIYの手慣らしを兼ねて、ジーノ号の快適化も進めることにしました。

まずは、一旦カプ純正からジーノ純正に戻すことにしたフロントシートですが。

ただ戻すのは面白くない。

 

カプのシートカバーにするつもりで買ってた布で純正シートの破れた部分を覆う形で手縫いして簡易シートカバーを作りました。

f:id:akr-cappuccino:20160505165420j:plain

見ての通り、全体的にテキトーです。

シートをバラしたついでに、さらに激しいアンコ抜きを行ったため、クッション部分がほとんど残ってない感じです。

シートブラケットの方を加工した方が早かったかもしれませんが、カプシート装着に向けてまた色々やるので、繋ぎ用の加工としてはコレくらいでもいいかと。

 

あ、ついでにレガシィのラゲッジマットにした汎用カーマットの余りで「サイドブレーキブーツ的な何か」も作っておきました。

やはり、これもまたテキトーです。

 

中途半端に快適になってきた記念に、どうも振動が今一歩落ち着かないエンジンを見てみることにしました。

専門知識もないですが、マウントは新品にしている以上、プラグとかスロットルとか…一個ずつ分解清掃すればそのうち正解にたどり着くんじゃなかろうかという目論見。

 

ト〇タの整備保証が付いてたせいで、以前の点検時には手を付けなかったプラグ。

外してみたら…というか、まず3本とも締め付けトルクが違いすぎる。

つーか、1本かなり緩い。

 

外してみたらびっくりするくらい汚れてました。

…不調の原因、コレじゃねぇの?

 

ひとまず清掃して戻したら、エンジンの振動が許容レベルギリギリくらいまで回復しました。

やっぱ、ディーラーは信用できん。

新車で買ってたらもう少しまともなメカニック付けてくれるんだろうか。

 

エンジン周りの補器類をバラしたついでに、適当アーシングを行い、エアクリのレゾネーター(だっけ?)を気分で外してみました。

 

結果、微妙にエンジンが軽くなり、吸気音が無駄に勇ましくなりました。

やっぱ、レゾネーターってきちんと消音してたんですね。

 

 

そういや、連休中に今年2回目のオープン走行を行いました。

f:id:akr-cappuccino:20160505170039j:plain

パワーがあるクルマを転がしてからジーノに乗り換えると、ジーノにももう少しパワーが欲しくなってしまいます。

それやると、いつもの泥沼ですがね。