読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山口ABC。

そういえば、棚卸の関係で参加した記憶がほぼない。

と思いながら山口ABCへ参加してきました。

 

天気は快晴。

最近サボってたエンジンルームとホイールの掃除くらいしてから出発するか。

と思ってボンネット開けたら、思いのほか汚れてました。

そうか、車検のとき大雨だったし、その後エンジンルームの掃除をした記憶がない。

 

掃除するついでにちょいちょい汚くなってる部分をキレイにしとくか。

ということで、唐突に朝からシャシブラで塗装を始める奴が一名。

 

…塗ったは良いが、乾かないな。

 

 

乾燥待ちのせいで、開始時刻と同時くらいに現着。

久しぶりに太陽の光を浴びているような気もします。

屋根開けてきても良かったのですが、たけやんさんから約束の品をいただくことになってたのでトランクは空けてきました。

 

ちなみに、ミーティングの写真は他の皆さんの解像度の高いカメラにお任せします(笑)

のんびりしてましたが、体力が限界になってきたので退散。

 

ご参加の皆様、お疲れ様でした!

 

 

帰宅後、早速たけやんさんからいただいたものを使って作業開始。

f:id:akr-cappuccino:20160501213548j:plain

クルマをいじったことのある人でないと何をしてるのかわからないであろう光景を繰り広げてみます。

 

はて、たけやんさんが使ってたミラと、うちのジーノ。

基本的には作りは一緒のはずなのですが…。

個体差なのか、微妙に取付位置やネジ位置にズレがあります。

まぁ、アレです。

電ドリがすべてを解決する。

 

 

できましたー。

f:id:akr-cappuccino:20160501213617j:plain

続いて助手席…とも思いながら、少し嫌な予感がしたので早速座ってみました。

 

うん、太ももとステアのクリアランスがほぼゼロだね。

 

 

考察にもならない考察。

たけやんさん加工のシートレールを譲っていただけることになってから、カプのシートに交換するまでの一時しのぎとして純正シートのアンコ抜き加工をしたわけですが。

これに合わせてステア位置も下げてるわけです。

 

ただ、このときの基準は加工済み純正シートの着座位置ではなく…。

「カプのシートはもっと低かった気がするから、できるだけ低い着座位置に合わせておこう」という完全な見切り発車。

想像の中ほど、カプのシートは低くなかった、と。

思い出は美化されると言いますが、シートの低さも思い出補正されるのでしょうか。

着座位置を低く見積もりすぎるなんて失敗はおそらく私くらいしかしないでしょうけど(爆

 

 

ともかく。

このままでは運転できないので、

ステア位置を純正に戻すか、

カプのシートをアンコ抜きするか

ジーノの破れた運転席シートをきちんと補修するか

どれかをしないと乗れません。

 

カプのシートとジーノの内装の色を合わせるため、シートカバー自作用の布も買ってきておいたのですが…。

計画仕切り直しですねぇ。

 

 

一旦、ジーノ純正のシートに戻しておきました。

ホールド感としては断然カプのシートが良いですし、折角いただいたシートレールを生かす方向で行きたいのですが…。

 

まぁ、のんびりやりましょう。