読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お静かに。

年度末のゴタゴタと休日出勤も重なり、ただ寝込んでた週末。

何もやってない感がすごいので、無理矢理、簡単な作業を行うことにしました。

 

 

何故かア○ゾンで値引きしてた、コレを使います。

f:id:akr-cappuccino:20160403203752j:plain

元々は、ジーノのエンジン音が妙に気になるところから改善を考えてました。

だいだいマフラー音がエンジン音をかき消すようなクルマにばかり乗ってたからか、エンジン音が目立つこと自体に違和感があります。

 

パワーを上げる方向の立ち位置にする気もないのですが、折角なら快適方向に振ってみようかと、ボンネットインシュレーターを自作するつもりでした。

ただ、色々調べてみたら、市販のキットを買った方が安いというありがたいんだか残念だか良くわからないことが判明。

 

使い方は簡単で、はさみで切って貼るだけ。

f:id:akr-cappuccino:20160403203822j:plain

ボンネット裏ということもあり、かなりテキトーでもどうにかなります。

逆にきちんとやろうとすると、ボンネット外した方が早いかも。

 

 

インプレ。

ボンネット閉めたときの音に重みがでました。

まぁ、どうでもいいですが。

 

ジーノはボンネットとフェンダーの隙間が大きいからなのか、アイドリング時の音は大して変わらず。

ただ、走りはじめると…はっきりと違いがわかりました。

高音域の音は発生位置がわかってしまうってのがオーディオいじってて知った知識でしたが…。

Kカーの高回転型エンジンの高音域が半分くらいカットされた印象でしょうか。

一方、低音域の音はボディ伝わってるのも多いのか、ビックリするほどは変わらず。

 

まぁ、この辺の展開は予想できてたところもあって…。

アイドリング時の音をどーにかできないかと、マルチモールを2セット買っておきました。

 

 

フェンダーとボンネットの隙間も結構すごいので、このモールでヘッドライトハウジングあたりまでもグルッと囲みます。

これも結構効果があったみたいで、エンジンかけた直後からのエンジン音がそこそこ静かになりました。

前方の隙間まで埋めるかどうかですが…。

当然グリル部分を塞ぐわけにはいかないわけで、結局そこからエンジン音は漏れてくるわけです。

やりすぎると冷却の問題もありそうだったので、ひとまず様子見。

 

 

で、ジーノでの実験が終わったのでカプを引っ張り出します。

カプにもマルチモールを使用しますが、こちらの理由はカーボンボンネットのガタツキ対策。

テ〇クオフボンネットの形状は気に入ってるのですが、スズスポボンネットに比べると微妙にガタツキます。

モールをボンネット全体に当てて支えることで振動を抑えようという作戦。

あと、高速走行時の空気抵抗も減るといいなってことで、開口部以外にはモールを敷き詰めます。

 

ついでにボンネットを一度外して位置調整。

結果、ガタツキ音はなくなりました!

 

エンジン音については…うちの場合、ボンネットのアチコチにエアダクトという開口部があるわけで…。

予想通り何も変わらず。

ただ、開口部からはっきりと音が聞こえるようになったので、純正形状ボンネットだったらやっぱ効果あるんでしょうね。

 

 

ボンネットいじり繋がりでレガシィも引っ張り出し、位置調整をしておきました。

 

 

少し遠くにある大型ホームセンターにDIYの材料を買い出しに行ってたら、日暮と雨が同時にやってきました。

まぁ、作業スタートが夕方なもんで、しょうがなかろう。

 

 

早く体調戻さないと、春の間に屋根開けてないなんてことになりそうですね。