雪質の違い。

こんばんは。

寒いですね。

 

日本海側じゃなきゃ大したことないだろうと思ってたら…10センチ、いや15センチくらいの雪が積もってました。

ウィンタースポーツやるわけでもないので良くわからないんですが、私がたまに見る雪とは違いますね。

何かフワフワしてますけど、乾雪ってやつなのでしょうか?

 

 

ジーノは折角4本スタッドレスに換えたので、数件のコンビニを素通りして…山奥にあるコンビニまでご飯を買いに行ってみることにしました(無駄

 

山に入った途端、吹雪がはじまりました。

いつも行列ができてるガソリンスタンドにクルマがいない。

というか、そもそも道路にクルマがいない。

何となく給油してみましたが、ガソリン入れてるんだか雪入れてるんだかわからん感じ。

 

給油しながら行き交うクルマを見てると、20キロくらいでたまに路肩に避けながら走ってるのか、70キロくらいでかっ飛ばしてるのかと両極端です。

止まるのかね、アレ。

 

うちは…車重の軽さのせいか、どーにも不安定です。

阿蘇で学んだ走り方で走ってたのですが、片側2車線道路はトラックなどで踏み固められているのか轍部分が氷になってる感じでスタッドレスがあまり役に立たない。

 

 

何より、路面状況が全く伝わってこないので怖い。

ワークスのときは大して怖さも感じなかったので、やっぱシートやステアの選択は重要なんだと感じました。

流石にフロントタイヤが滑るとわかるんですが、もともとテキトーなドラポジしか取れない状態なんでクラッチワークがどうこうなんて状況じゃありません。

クラッチが繋がる度に姿勢を崩すので、クラッチミートのタイミング変えてたら足をつりかけました。

 

ドライビングがラフになってきてたんで、矯正の練習には雪がちょうどいいかと思ってたんですが…。

峠にたどり着く前にどっかに刺さりそうですねコレは。

 

素直に諦めて帰りました。

 

 

雨のときはそこまで気にならなかったんですが、雪だとリアワイパーがないのが痛い。

家に帰ってから、リアデフォッガ使えば良かったことに気が付きました。

普段使わない装備って存在を忘れてますよね。

 

 

まだ明朝くらいまでは雪が続くみたいでしたので、ラリーの雑誌で読んだ「雪道走行後の点検」だけ行ってから引き籠ってました。

本当にタイヤとホイールハウスの間に詰まった雪が氷になっちゃうんですね。

完全に凍る前に砕いて落としたんで良かったんですけど。

 

 

しかし、未だにFFで滑るとビビるのが治りません。

後輪駆動で滑るのはある意味慣れてるんで驚かないんですが…最初に乗った駆動形式の慣れって抜けないもんですねぇ。

とはいえ、私の腕を考えると、後輪駆動にスタッドレス履かせて雪道走る勇気はない(笑)