読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開けドア。

クルマの話をしてて気付いたら、4時でした。

 

 

久しぶりに意味もなく徹夜しました。

どーも私です。

 

さて。

先週はレガシィのキーレス強化をしたわけですが…。

残念ながら、左リアのドアのカギは開きません。

運転席からの集中コントロールも受け付けず。

 

調べてみたところ、やはりというか…この型のレガシィの持病の一つらしいですね。

ディーラーに持ち込むと修理に2万円くらいかかるらしいですが、モーターを分解洗浄したら正常に戻ることが多いらしいです。

 

うむ、要はバラして組むだけならタダ、と。

f:id:akr-cappuccino:20151219212837j:plain

しばらくオーディオで試行錯誤してた関係で、5分あればドア内貼りは外せます。

 

パーツの噛み合わせをどうバラすかは少し手間取りましたが…そこまで大変でもありませんでした。

問題は、モーター。

 

パーツが接着してあるので、まずはモーターを取り出すために殻割りする必要があります。

んで、モーターは当然バラす前提の作りになってないので分解に悩みました。

 

作業を日暮1時間前に始めたこともあり、あまり余裕もありません。

小さいマイナスドライバーでもねじ込んで強引に割るしかないでしょうねぇ。

 

こんなときに限って、マイナスの精密ドライバーは行方不明。

色々漁ってみると、車高調の減衰調整用ドライバーがどうにか代用できそうだったので、気合でモーターを割りました。

 

f:id:akr-cappuccino:20151219212822j:plain

 

何だか真っ黒です。

それに、事前にモーターの清掃ポイントは調べてたんですが、そのときの参考画像には軸にこんな丸っこいパーツはなかったんですけど?

 

拭いてみたら、丸ごとボロッと取れました。

…全部汚れかよ…そりゃモーター回らんわ。

 

ブレーキクリーナーで接点もキレイに掃除し、元通り組み直します。

 

キーレスを試してみたら、きちんと作動しますし、作動音が全然違う。

非常に静かです。

 

他のドアは今のところ正常に作動してますが、作動音の違いから考えれば…大分疲労は来てそうですねぇ。

もう少し天気が落ち着いてきたら、右リアもモーター組み直してもいいかもしれません。

 

フロントは…デッドニング前にやるべきだったなぁ…どうすっか。