読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四輪駆動は曲がらない。

いや、確かにレガシィ号の役目は遠出と冠婚葬祭なんですけどね。

最近の冠婚葬祭率は非常に高い気がします。

 

結構お寺って路地の奥まったところにあることも多く、本日も見事に曲がり切れませんでした。

スバルのAWDって曲がりやすい方だとは聞きますが、私の場合は比較対象が旧規格Kカーですから…。

取り敢えず、切り返しラッシュで入口にねじ込みました。

 

 

本当に面倒になってきたら、こういう場合は都度レンタカー借りたら楽かもしれませんけど。

私としては、ちょい古&ちょいボロのクルマ買ってしまう方が楽。

まぁ、超☆激安のクルマが転がってる前提ですけどね、この場合。

 

 

近場のクルマ屋に安いKeiワークスが転がっていることに気付いたので乗り込んでみました。

うん、ATなんだね。

ワークスってMTばかりのイメージだったんですが…まぁ確かに私がワークス乗ってたときもATってそれなりにあったしなぁ。

 

 

確かに素のアルトとかミラ、特にバン系だと激安MTも転がってるんですが…。

余りにフツーだとまた加工ベースにしてしまいそうですねー。

いつぞやのキャブ・アルト号のように。

 

というか、せめてパワーウィンドウはほしい。

あの「コキュコキュ回しハンドル」は疲れるので嫌いです。

何だっけ、正式名称はウィンドウレギュレータハンドルだっけアレ?

 

 

まぁ、あれば便利ですが…。

お金もかかることなので、次にビートが唐突に壊れるまでにはスペアカーとして準備しておきたいものです。

 

…うん、非常に読めない基準だな我ながら。