読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エー○ンは、えーもん。

レガシィで遠出してわかったこと。

やっぱ、私が乗ってきたクルマの中では、ダントツに静か。

 

まぁ、エンジンも吸排気もノーマルなんで当たり前かもしれませんけど。

 

 

ただ、こうなると実験してみたくなる。

例えば…。

f:id:akr-cappuccino:20150517092056j:plain

 マフラー音のデカいクルマで資材をケチった結果、効果が感じられなかったデッドニング

ある程度真面目にやったらどの程度変わるのか?

 

ってことで、DIYでは何かとお世話になる○-モンのキットをカー用品店で買…うと高いので、およそ半額で売ってた某通販サイトで買ってきました。

まぁ、半額なら手を出そうかと思ったというところ。

 

 

一応、フルセットのやつで…振動チェックや調整用のCDまで付いてる至れり尽くせりキット。

 

じゃ、バラシますか。

やはり、一番の問題はブチル除去。

ガムテープ使うのと、ブチル同士でくっつけるのがいいというのを聞いたので、両方使ってやりました。

 

整備のときにくっつくと迷惑この上ないですが、全部剥がそうとすると…思ってたよりは楽な印象です。

とはいえ…片側30分ってとこですかねー。

 

できあがったのがこちら。

f:id:akr-cappuccino:20150517101552j:plain

 

あとは、説明書通りにやるだけです。

 

純正でも一応制振シートっぽいもん貼ってあるんですねー。

とはいえ、何故かドアごとに貼ってある位置が違う。

イチイチチェックして貼り付けてるのか…単にテキトーなのか…。

 

 

サービスホールまで全部塞ぐ施工には賛否ありますが、整備の際は最悪貼り直せばいいので、予備のシートを取っておくことにして全部塞ぎました。

で、チェック用のCDでビビりなどを確かめ、内装戻して終わり。

アチコチチェックしてたら、写真撮り忘れました(爆

 

作業時間の目安は4~6時間とありましたが…。

片側、ブチル除去に30分、施工に30分というくらいでした。

ドア内装をバラシ慣れてれば、それほど時間を食う感じでもありません。

しかし、ビビりチェックとかで細かい調整をしていると没頭してしまうようで、結局片側2時間、計4時間という感じでした。

 

 

さて、インプレ。

エンジンやマフラーが静か、かつオープンカー以外でのデッドニングは驚くくらい変わりますね。

低音がしっかりしたのと、これまで聞こえてなかった音がはっきり聞こえてくるようになりました。

キットの値段的に安いものではないですが、ヘタなスピーカーに換えるよりは、純正スピーカーにデッドニングするだけでもかなり変わるかもしれない…と思ったくらいです。

 

変化の体感としては、オイルを新しくしたときくらいのレベルならいいかと思ってたんですが、吸排気を交換したときくらいのレベルでの違いでした。

ただ、防錆のコーティングを一部剥がして施工したんで、次の休みにでも防錆スプレーをドア内部に吹いとく必要はありそうです。

 

 

ともかく、これでこれからの梅雨時期も楽しめそうですねー。