ロードサイド化。

どこの地方都市に行っても画一的で巨大なショッピングモールができ、しばらくするとどこも似たような景色になる…。

色々取ってた選択科目の一つで、郊外のロードサイド化ってな話をやった記憶があります。

 

最近、カー用品店でも画一化が進んでいる気がします。

まだ私が新免だった頃は、同じチェーン店でもA店にはあってもB店にはないってのが普通だった気がするんですが…。

最近は、A店もB店も在庫処分品以外は基本的にラインナップは同じ印象。

ラインナップが違うのは、バックス系でいうとスーパーな方とか、セコハン(名前変わったんだっけ?)の方とか、あからさまな棲み分けになってる気がします。

マーケティングの結果ってことなのか、売れ筋以外は一切置いてない。

 

先日でいうと、ステアリングボスとか、社外ステア、ブランド物のシフトノブ。

今日でいえば、エアコンフィルター。

 

レガシィのエアコンから生乾きの洗濯物のような匂いがしはじめたので、ついでにフィルター換えとこうと思ったらどこにも売ってない。

売れるのか?と毎回疑問に思いつつもエアコンフィルターコーナーって結構あった気がするんですが…。

梅雨から夏前になったら特設コーナーでも作るのかな?

あちこち回っても在庫品が見つからなかったので、某ア○ゾン使って通販することにしました。

 

同じく困ったのが、オイル。

いつの間にか、チューンド向けのリッター3千~4千円くらいのオイルが軒並み絶滅。

無駄金は使いたくないですが、高粘度のオイルが全然ないのは困る。

ほとんどが「エコ」な0W-20とかで、ー40はほとんどない。

ー50なんて埃被った在庫品くらいでした。

 

カプ用の15w-50は毎回ドリファクから買って帰ってるのですが、ビートとレガシィ用も買って帰った方がいいのかなぁ。

もうペール缶で買った方がいい気がしてきた。

 

 

さて、結局は雨です。

整備ができん。

 

雨の合間にビートの微妙なアイドリングのバラツキをどーにかしようと、取り敢えずメンテリッドを開けてみました。

 

比較的容易にできる部類としては、アイドリングスクリューの点検とか?

f:id:akr-cappuccino:20150418153851j:plain

…真っ黒。

 

カーボンが積もってました。

 

キレイに掃除したら、アイドリングが落ち着かない症状は改善されましたが、やっぱまだ違和感があります。

各部の注油と点検をやらんと、まともに走れそうにないですねぇ。

 

 

これまで騙し騙し来てましたが、ショック交換やタイベルその他交換でボディがきしむ確率が減って、これまで以上に異音に気付きやすくなってるだけだと思うんですが…。

とはいえ、ビート自体に相当の疲労が溜まってきてるんでしょうねぇ。

壊れるまで乗り換えるつもりはありませんが、次気温が下がるあたりに山場が来そうですねぇ。