秘密兵器、税込591円。

どーも、私です。

相変わらず、変な天気。

まともに作業できそうになってきた昼から開始。

 

まず、塗装を頼まれてた部品の作業をさっさと終わらせます。

 

で、ヴィッツを戦列に復帰させます。

シートをフルバケに戻すのは面倒なので、シフトノブ換えただけになりました。

 

続いて、カプ。

ロックナット換えるだけですが…一度ジャッキアップさせるとなるとラダーレールかまさないとジャッキが入らないので多少メンドイ。

 

ま、ロックナット変わったくらいで印象変わるわけもないと思いますが。

座金部分が別パーツになってるタイプなので、ホイール保護になるってくらいでしょうか。

f:id:akr-cappuccino:20150201144826j:plain

…なんか、結構印象違う。

ロングタイプのレーシングナットとかにするよりも良かったかも。

結果オーライってことで(テキトー

 

 

で、いよいよ問題のビートです。

まずは、昨日からバッテリー配線抜いておいたのでECUバラシからいってみます。

 

あれ?

特にコンデンサが何か逝ってる感じはしない。

じゃ、裏か?

f:id:akr-cappuccino:20150201121709j:plain

 

いや、素人的には特に危ない感じには見えない。

ただ、パワートランジスタ?とかいう左上のパーツから微妙な液漏れっぽいのも見えます。

何だろう…どーせECUだろうと思って診断コネクタ使わなかったんですが…。

 

取り敢えず、バラしたついでに、移設済みのECUに続いてメインリレーも移設することにしました。

まぁ、様子見もあるので、仮付けですが。

f:id:akr-cappuccino:20150201124116j:plain

 

テキトーすぎるって?

 

ちなみに、シートカバーの関係でベルトガイドのないうちのビートの場合、見事にリレーへシートベルトがヒットします。

しょうがないので、リレーを上下逆にしておきました(ますますテキトー

 

改めて診断コネクタ使ってみて、きちんと付け替えましょう。

 

 

エンジンかけてみたところ…多少良くなったような…変わらないような。

 

ま、太陽が出てるうちに他の作業を終わらせましょう。

サス交換です。

 

 

ここで秘密兵器を投入!

f:id:akr-cappuccino:20150201181730j:plain

パッケージがキレイに剥がれなかったので、途中で飽きてそのまま作業突入。

見ての通り、タガネです。

 

サスの受け部分の「切り掛け」に板金ハンマーで叩き込みます。

あ、隙間できた。

 

ならば後は、いつもの知恵の輪的な作業のみ。

f:id:akr-cappuccino:20150201160613j:plain

取れましたー。

ブレーキラインの保護のため、クロスレンチかませて落下防止。

言うまでもないですが、フツーはジャッキ使ってください(爆

 

 

スプリングコンプレッサーかましてみたら、少し縮めた段階でスプリングが遊び始めました。

もしかして…とバラすと、ギリギリの長さになってるみたいでコンプレッサーなしでも分解できました。

いいのか悪いのか…まぁ、車検は通ってるってことでしょう。

 

案の定、ショックは完全に終わってました。

押し込んだら戻ってこない。

 

取り敢えずフロントを終わらせ、次はリア。

うーむ、フロントと違ってサスの向きを換えれないので、切り掛け部分にタガネを打ち込む方向がかなり微妙。

上からも下からも、どっかに干渉します。

手持ちのバールは使えそうですが、ロングタイプなので無駄に力かかってどっかにダメージ与えそうです。

これは、もっと短いタガネ買ってくるしかないなぁ。

 

日も傾いてきたので、リアをジャッキアップしてるついでにオイルとエレメント換えて作業完了。

 

 

より酷い状態っぽいリアのショックがそのままなのと、エンジンチェックランプが気になるので、作業の続きができるまではビートを一時冬眠させることにしました。

ってことで、駐車位置をヴィッツ号と入れ替え。

 

 

あと1週間なのか2週間なのかわからないけど、ヨロシク頼む…ヴィッツ号(笑)