ビート復活。

車検が無事終わったそうなので、ビートを引き取りにドリファクへ。

 

相変わらずの強風。

今回は、先週まで工事中だった関門トンネルを使って下道移動…だったのですが。

北九州の渋滞に嫌気がさし、結局途中から高速。

まぁ、軽ワゴンで橋の上の強風と格闘するよりかは幾分マシ。

 

 

ビートの駆動系のガラガラはベアリングが粉砕されていたためだったそうです。

意外とクラッチ本体は無事だったそうで…。

まだ使えるかもってことで古いクラッチももらったのですが、新しいクラッチの方がバシッと繋がるので…新品にして正解でした。

それとも、エ○セディよりもア○シンの方がうちのビートに合ってたってことなのでしょうか?

 

 

で、訊くのを忘れかけてたガソリン臭。

タンクの圧抜きのフィルターが犯人では、と。

実際に分解してみないとわからないそうですが。

伝え忘れてたので、また今度見てもらうことにしました。

 

 

最近、立て続けに不具合が出てきてるヴィッツ号。

まぁ、実際に本格的に動き出したのは4月からですが、家を空けてた2年近くは寝てたわけなので…しょうがないところもあるでしょうねぇ。

どうにかならないか、ドリファクでちょっと相談してきました。

 

 

どちらにしろ資金も要る話なので、年明けくらいから動き出そうかと。

 

 

カプ用の15W-60のオイルも購入し、無事に帰ってきました。

早く天気が良くならないですかねー。