シーズン・オフ。

そろそろ冬っぽい。

外した屋根を携帯できないうちのカプとしては、ボチボチ屋根開けはきつそうです。

そんなわけで、バッテリー充電を兼ねてオープンで走ってくることにしました。

 

 

まずは、先週塗装してたやつから。

まだ黄色ナンバーだったときに買って…大きすぎて諦めたカップスポイラーです。

f:id:akr-cappuccino:20141122150314j:plain

車幅が広がってしまえばフツーに見える不思議。

 

ウレタンスポイラーでも入れてた赤ラインは踏襲してみました。

ランボのコンセプトカーでやってた赤ラインの使い方を真似て始めたワンポイントのつもりでしたが…。

最近はニスモでも赤のワンポイントを大々的に使いはじめたんで普通になってきました。

ま、赤ラインを入れること自体は前からありますし…エッセカスタムでもありましたよね。

とはいっても、良くある形だと面白くないので、ラインを入れるのはスポイラーのエッジ部分に換えてみました。

 

さて、この仕様がいつまで段差と戦えるのか…。

今のところ、2センチくらいの段差はクリアできることがわかってます。

 

 

で。

屋根開けて走り出したんですが、ブログのネタ用に写真でも撮ろうと思ったら、海沿いの広場がイベントでごった返してました。

なんで、海沿いのバイパスをテキトーに途中下車。

どこなのかと言われても私も知りません(笑)

結構のどかなとこですね。

 

f:id:akr-cappuccino:20141122142229j:plain

今年は結構、カプの屋根を開けましたね。

ビートが屋根開け前提みたいな使い方になってたんで、その影響な気もします。

 

 

だんだんとカプは仕舞い込みがちになってきましたが、やっぱカプに乗ると一番しっくりきます。

とはいえ、週末はサンデードライバーも多いもんで…変な動きするクルマの近くに行くのが嫌で、やっぱ仕舞い込みがちになります。

こうなってくると、やっぱカプももう一台あった方がいいのだろうか(爆

 

 

帰って、今度はビートの掃除。

放ったらかしになってた自家塗装ボンネットをポリッシャーで磨きます。

先週ア○トロでバフを2種類買ってきてたので色々試しながら磨いてみます。

 

 

元塗装がアレなので本気でやりはしなかったのですが、やっぱ結構キレイになりますね。

が、ボンネット周りのマスキングを剥がしたらドアに謎の小さな素穴みたいなポツポツ。

 

 

何だコレ?

シリコーンオフかけても取れない。

コンパウンドが変に入り込んだとか?

ガムテープでも貼って剥がしたら取れるだろうか?

 

 

ビッとやったら、その辺の塗装がベリベリと剥げました(爆

 

 

忘れかけてましたが元々の業者再塗装が結構テキトーなせいで、塗面に変な段差があって、ここだけ自家塗装で修正してたんだった。

ボンネットの端をポリッシャーで磨いたときに、マスキングの上から強く押さえちゃったんでしょうね。

DIY修正からも数年経って弱くなってたとこがボロボロ剥がれてきた、と。

 

 

ってことで、日暮前に部分塗装する羽目になりました。

キレイに磨こうと思ってましたが、この辺はまた明日か。