読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの匂い。

昨日来た店に今日も来る。

f:id:akr-cappuccino:20141019142422j:plain

 

流石に3日目は来たくないので、少々財布は痛みますが…フロント用とリア用のピストン戻しツールを両方揃えました。

 

作業を始める前に少々寄り道。

昨日来た店に今日も(ry

 

実家からポータブルナビの購入と取付を頼まれたので、バックスへ。

一軒目で売り切れてたのですが、二軒目で在庫発見。

ついでに、ビートのメーター修理を見越して…接点復活剤を購入しておきます。

 

 

じゃ、さっさと帰りますか…と流してたら、中央分離帯のある片側2車線を横切るようにクルマが飛び出してきて目の前で停車しました。

このままでは衝突コースですが、何なの?

カプ1号機大破事件のデジャブ。

 

飛び出してきた店を見ると、ご丁寧に2台目が鼻先出して…逃げ道となる左車線も塞ぎ始めました。

 

最初に飛び出してきたクルマをもう一度見ると、2車線横断して右折したいようですが…すでにこっちを一切見てねぇ。

中央分離帯のスペースにねじ込んでこちらの車線を少しでも開けようという気は一切ないらしい。

どこ見て出てきた貴様?

つーか、同じくどこ見て出てきた2台目?

 

ヴィッツ号が初めてブレーキングで横向きそうになりました。

ロックしそうな感覚があったのでブレーキをリリース。

もう一度しっかり見ると、1台目と2台目の隙間はヴィッツなら抜けれる。

 

紳 士 的 な 方法で緊急回避しておきました。

 

周りの店の人がみんなこっちみてたんで、たぶんすごいスキール音したんでしょう(謎

 

今回はどうにか回避スペースにねじ込めましたが、進行方向2車線とも塞がれた場合って、どうするのが正解なんだろう…。

ブレーキ強化してこっちが止まれたとしても追突される可能性はあるわけだし…。

運ですかねぇコレは。

 

 

はい。

実家に寄ってポータブルナビをさっさと取り付けて、初期設定を終わらせてしまいます。

さて、いよいよ作業再開。

 

f:id:akr-cappuccino:20141019145637j:plain

 

昨日の写真と似てますが、使いまわしではありません…。

 

ピストン押し戻しツールを買ったものの、やっぱリアはどえりゃー固い。

どーにか回りはじめると、結構すんなり回るようになってきました。

ピストンが戻ってしまえばパッド交換は非常に簡単。

つーか、キャリパー外したら勝手に落っこちてくるくらいです(爆

 

 

明日にはバックスで部品発注がかかるはずなので、注文パーツの最終確認兼ねて、フロントも再分解して確認します。

うん、やっぱ何故か左フロントのダストシールだけにダメージがある。

 

 

この状態で試走に行くのもリスキーかもしれませんが、いまネガ出しできてれば…最悪、入庫時にチェックしてもらえるというメリットもあります。

で、屋根開けて走り出してみました。

 

G1のパッドよりもプロμの方がローターの外周まで挟んでるみたいで、ローターの端で微妙な段付きになってたとこをパッドがゴリゴリ削っていきます。

ま、この辺は狙ってて…ローター攻撃性が高いのを選んどきましたが(爆

一般的には、ローター交換をお勧めします…。

 

ローター外周の浮き錆が取れてきて、リアの応答性も確認できたら…クルマの来ない直線道路がある山奥に行きます。

1速でレッドに入れたらブレーキを叩き込むだけの簡単な作業。

 

 

様子見の2発で大体わかってきたので、3発目は90%くらいの踏みしろでブレーキングやってみます。

フロント滑ったんでカウンター。

おぉ、初めてビートでロックした。

リアはまだ当たりが出てないのかロックはしないみたいです。

 

つーか、タイヤの焼ける匂いを久しぶりに嗅ぎました。

そういや最近は競技にも出てないものなぁ。

 

ロックからスピンに入るタイミングはカプより遅い気がするのですが…。

リア荷重があるためか、荷重をフロントにかけとかないと相変わらず舵が効きません。

あと、舵が効くときもタイヤのグリップは少々頼りない。

まぁ、うちのビートの場合、リアのタイヤ幅がフロントの2サイズ違いというのが原因な気もします。

 

 

取り敢えず、安心して乗れる感じになってきたので、遠出も楽になりそうです。

 

 

…ふと。

ヴィッツの緊急回避もついABSなしの感覚でやってましたが、ヴィッツならABS作動させてブレーキングした方が安全だったんだろうか。

ロックしそうになるとリリースする癖は治りませんねぇ。

 

 

つーか、今日はセンターラインを大幅に越してブラインドコーナーを結構な速度で曲がってきたオバちゃんプ○ウスと正面衝突しかけたりとか…随分ひどい目にあった気がします。

ブレーキ冷却のつもりで40キロで走ってたのと、咄嗟にガードレールギリギリまで寄せたので生き残りましたが…。

アレ、ヴィッツ号だったら車幅的に避けきれてないなぁ。

 

 

結局、飛ばそうが飛ばすまいが、運転危ないのに巻き込まれる確率は変わらないんだろうか。

やっぱ、週末の昼間はサンデードライバーが多すぎる…。

買い物に行く時間帯を早朝か夜にずらそうかなぁ。