破れかぶれ。

ビートのブレーキが変です。

いや、普通かもしれない。

でも…違うかもしれない。

 

 

と、優柔不断な人みたいな状態になってました。

東京から戻ってくるまでは基本的にビートのみで通勤してましたので良かったのですが。

夏が終わり、天気が良い日と悪い日が交互に来て…ビートとヴィッツの出番が交互になってくると、どーもビートのブレーキが気になってきました。

何か効きが悪い。

 

ブレーキペダルの遊びがないのは銀ビートでも一緒だったので、デフォルトがこうなんでしょうけど…ペダルをガツンと踏んでるのにズルズル滑ってく感じがあります。

クラッチが滑ってるみたいな、あんな感じです。

ブレーキフルードも最近換えてるんで、これでもないだろうし。

ヴィッツのブレーキは普通に効きますし、カプはカーボンパッドなんで、何かビートだけブレーキ効かないような感じがしてるんでしょうか。

 

まだ残量はあるのでもったいないのですが、現在のストリート用パッドをレベルアップさせるか。

 

なんで、カプ1号機で使ってたのと同じ、プロμのCoμ…なんですが、この10月から名称が変わったらしいコレ。

f:id:akr-cappuccino:20141018045019j:plain

Kスポーツっていうらしいです。

ストリート用よりも走り向けだそうで。

 

 

じゃ、換えますか。

実は、自分でも意外なんですが、DIYでやるのは初めてになるんですけどね。

f:id:akr-cappuccino:20141018150606j:plain

 

まぁ、固着してるわけでもなく、フツーにバラしただけです。

ついでにスライドピンも分解してグリスアップしておきました。

 

で、左を分解したら驚いた。

 

一瞬、見なかったことにしようかと思った。

キャリパーピストンのダストブーツ、破れてるってばよ。

 

スパッと切れたような感じなんで、何かのときにどーにかなったんでしょうけど…うん、原因は不明。

ガツンガツンとブレーキ踏んでて大丈夫だったってことは、単純にダストブーツだけでピストンには行ってないってことなんでしょうね。

いや、そうだと信じたい。

 

取り敢えず、新品のパッドは組んでおきました。

 

 

続いてリア。

こっちも軽く分解してグリスアップ。

で、パッドを交換して、ピストンを…アレ?

 

十字に溝が切ってあるタイプのピストンです。

いや、それはメンテ本で下調べしたので知ってた。

大きめのマイナスドライバーなどでも回せると書いてあったのですが、どーにも固くて回らん。

足回り整備用の大型バールはあるのですが、今度は長すぎて使えん。

調べてみると、専用工具は1000円以下で売ってるみたいです。

…買った方が早そうだ。

 

 

朝方、カプの定期走行チェック兼ねて某アストロまで行き、ブレーキグリスなんかを買ってきてたんですが…これは明日もアストロまでいくフラグだなぁ。

 

 

で、ひとまず先にダストブーツがいくらか調べねば。

確かダストブーツって交換がすごい手間ですよね…部品注文から交換までプロに頼んだ方が効率良かろう。

リアは一旦元に戻したので、フロントはプロμ、リアはG1という暫定仕様でディーラーまで行くことにしました。

 

軽く当たり出しをやってみましたが、プロμらしいガツンと効くフィーリングです。

まだフロントだけとはいえ、フロントのブレーキ力が上がっただけでも随分と安心感が違います。

というか、今の仕様だとフロントが沈み込んで舵が効くので運転しやすい。

そっか、MRだもんなぁ…と今更。

 

 

何故か、私の家の周りのホ○ダは親切でないところが多いので、敢えて隣の市に近いとこにあるディーラーまで行ってみました。

ダストブーツ買えるか聞いてみたら、キャリパーASSYごと取り寄せと即答されました。

 

 

…え、マジで?

いや、流石にそれはないんじゃないのか?

 

調べてもらうとO/Hキットみたいな感じでゴムパーツ類取り寄せになるとのこと。

しかし、聞かれたので症状を説明したら、普通はダストブーツが破れることはないので…4輪ともキャリパー全部O/Hした方がよいと強く勧められました。

ブレーキフルードが漏れているという見立てらしい。

 

いや、単純にローターとパッドの劣化の問題で、ダストシールは運悪く鋭利な金属片とかが当たったとかじゃないのかね?

事実、パッド換えてからきちんと止まるようにはなってるし。

 

 

スライドピンが錆びてるのではなんて話にまでなってきたので…。

錆びてませんでした…だって さ っ き バ ラ し た ん で 。

と話を終わらせました。

 

 

認定工場だからということらしく、ダストシールが破れてたら最低でもピストンも含めて全交換以外はできないと言われたので、見積もりだけもらって帰ることにしました。

まぁ、そりゃー全部新品にする方が確実ですけど…。

基本的に、お世話になってるショップの見立ては信じるのですが、最初にキャリパーごと交換なんて断言する「プロ」の見立てを信じろと言われても…。

こんなとき、主治医のドリファクまで行くのに高速使用が前提になるのが辛い。

ブレーキに不安が残る状態で高速走るのは流石にやめといた方が良さそうだし。 

 

 

ふと思いついて、行きつけのバックスがまだ開いていたので行ってきました。

キャリパーのゴムパーツだけ交換できるか聞いてみたら、できるとのこと。

数万円の見積もりを提示してきたディーラーより遥かに安かったので、部品注文までお願いしてきました。

 

ピストンまで逝ってたら諦めて全交換ですが…。

これまでヘタすると2年くらいこの状態で乗って振り回してたわけなので、単純にダストブーツに亀裂が入ってただけではないかと思ってます。

とはいえ、知ってしまうと気持ちが悪いので、予防交換ってことで。

 

 

まぁ、ビートも古くなってきたんですねぇ。

 

 

さて、行けるディーラーがますます減ってきたわけですが。

面倒だから、今度は最初から2つ隣の市あたりまで行くか。

 

私の場合、ホ○ダのディーラーは当たりが悪いようです。

前入って対応が良かったディーラーは1件あるのですが…アレ、港区なのよね。