ハンマーは痛い。

台風が近づいてきてますが、うちのあたりは土曜までは大丈夫そうです。

ってことで、土曜の朝から夕方までクルマを預かることにしました。

 

 

セルボを。

f:id:akr-cappuccino:20141011143457j:plain

 

金曜に出張から帰った足で色々買い出しをし…。

土曜も朝からア○トロまで行って、足らない工具としてインパクト用17ソケットとガレージジャッキを買ってきました。

 

何か機会があったら…と思いつつ、なかなか踏ん切りがつかなかった本格的ガレージジャッキ。

今も、昔のバイト先で買った小型ジャッキとアルミジャッキはあるのですが…。

アルミジャッキ、アーム長が短いので…ウマがかかる高さまで上がらないんです(爆

 

 

しょうがないので、今回から低床タイプの1.8tガレージジャッキを導入しました。

これで微妙にやりにくかったビートのオイル交換も楽になるでしょう。

 

とかいいつつ、写真では使ってないんですけど。

あ、普通はウマかけましょう(爆

 

さて、今回の作業はセルボ号のスプリング交換です。

スズキ車としては、ワークス、アルト号に続いて3台目のトライ。

ま、ワークス号は99%をされてさんがやってくれたので、実質2台目(笑)

 

このブログ見てサス交換を考える人がいるとも思えないので、メモレベルで簡単に。

フロントはフツーのストラットなんですが、旧規格Kカーに慣れてるとサスの取付位置が奥まっててメンドイ。

取付は12ミリのナット2本ですね。

私はインパクト準備してたんでいいんですけど、インパクトなしでやるなら「シャフトの頭のナットを車載状態でゆるめて…」はムズいんじゃないかと。

工具が入らん。

 

下側は、ABS線が10ミリボルト、ブレーキラインが12ミリボルトなんで外して、あとは17ミリボルト2本のありきたりな構造。

カプを見慣れてると、すごく簡単そうに見える。

 

で、問題のサス分解。

何だろうね、やっぱ車種的に乗り心地優先なんですかね。

スプリングコンプレッサーかまそうとすると、スプリングがやわらかいのか、縮めても縮めても縮まらない。

シャフトの頭は17ミリ…ディープソケットじゃないと無理ですね。

ハナからホイール用のソケット代用する気だったのでいいんですけど。

インパクトでビュイーンとやると、ポコンッ!とカワイイ音して外れました。

コンプレッサーかますのに一番時間かかってたこと考えると「必要だったのか?」と思わなくもないですが、試す勇気はない(断言

 

久しぶりのサス交換だったこともあってカンが戻るまでモタモタしてた(あと固着)こともあって、準備から右1本交換するまで2時間。

左は、エンジンルーム内のECUが邪魔してますが、10ミリボルト2本で動くようになるので配線付けたまま避けて、作業開始。

左は30分で交換完了。

まぁ、普通はこれくらいの時間でできるんでしょう。

 

 

続いてリア。

ジャッキアップしてウマかけて、ショック下側のボルトを抜いたらジャッキ下すという王道パターン。

ボルトは17ミリ。

 

今回はスプリングだけなので、楽でいいです。

忘れずにバンプラバーを一巻きカットしたら元に戻す、と。

リアはトータルで30分。

 

 

特に難しい車種でもないようですが、時間に余裕もって作業するってくらいですかねー。

サス交換以外にも補修やら灯火類交換やら含めて実質4時間で預かってたので…。

微妙な焦りと出張明けの寝ぼけにより、ゴムハンがすっぽ抜けて自分の顔を殴りました。

 

ハンマーの向きは振り下ろす方向で、とか…やっぱ基本は大事。

 

 

オーナーさんはカッコ良くなったと喜んでくれてたので、まー、アザを作った甲斐はあったかと(笑)