読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレ、ナンデスカ?

やぁ。

満身創痍ですが生きてます。

1~2週間に1回くらいの割合で飛行機に乗ってる気がする。

特命係ってのも聞こえはいいんですが、要は何でも屋なのよね…。

 

 

さて。

よーやく天気が落ち着いてきたので、3台を順番に動かしてみました。

 

土曜。

アストロでK○Cの工具がセールです。

ちょうど、アクセルワイヤー調整用に12のスパナがほしかったので、買いに行くことにしました。

そろそろエンジンに火を入れないと不味いし、カプを出すか。

工具を買った帰り、自動車専用道路の無料区間を使うことにしました。

速度的に窓をほぼ閉めとかないと風圧がきついので、気温が落ち着かないと、車速が上がる道路は使えないという制約があるのですカプは(爆

 

自動車専用道路…速度域はタカが知れてます。

しかし途中、路面がうねった区間をさらっと抜けようとしたところ…カプが吹っ飛びそうになりました。

うーむ、この仕様にしても、路面状況が悪いところは苦手なのか…。

下道でも峠を流してきたのですが、バンプがあるところだとリアがオーバーフェンダー部分にヒットしてるようですし。

 

ここまで色々やってもらってダメなので、もうアシ自体の問題だろうなぁ。

やっぱ、サーキットスペックなんでしょうコレ。

もうちょいバネレート落として、きちんと動くアシにした方が街乗りでも安心できそうです。

 

フロント軽量化、小径ステア、遊びのない重ステ、普通入らないJ数に幅広のハイグリップタイヤ、フロント8キロのバネレート…と、様々なネガティブ要件が揃ってますから…。

キレイな路面の高速域だと、指1本分くらい動かすだけでコントロールできるので楽なのですが、フツーはそれ以外の状況ばかりだもんなぁ。

 

いや単純に、街乗り用のホイールとタイヤを用意すればいいだけの気もしますけど。

 

 

で、ビート。

マイナートラブルはチラホラありますが、まー、もう慣れてるので。

 

夕方は涼しくなってきたので、屋根開けてぶらりとしてみました。

けど、どーも曇り続きで星が見えない。

晴れたらまたドライブでも行ってみっか。

 

 

最後にヴィッツ

実は、ここ2週間くらいで一番トラブルが続いているのが何故かヴィッツ号。

しかも、全部ドア周り。

 

キーレスは相変わらず壊れっ放しなんですが、それ以外は一応正常に動いてました。

まず、室内のロックの動きが怪しい。

しかし、もともとガッチリした動きをしないっぽいので無視することにしました。

 

が、今度は運手席からのコントロールで鍵が閉まらない。

助手席どころか、そもそも運転席も閉まらない。

もはや直接閉めた方が早いですよ奥さん。

これってキーレスと同じ仕組みなんだろうか?

 

取り敢えずドアをバラしてみましたが、基盤が問題ないか調べようもないのでわからん。

配線をグリグリやって、接触不良なら直ってくれることを祈るが…症状が回復せず。

 

で、トドメ。

運転席側の窓が開かなくなりました(爆

リセット方法やらヒューズやら確認してみましたが、お手軽調査でできることやっても効果なし。

 

困るのは、会社の駐車場がカード認証だということです。

窓が開かないと、ドア開けて降りるしかないわけですが、生憎うちのクルマはどれもフルバケかつ2ドア。

スペースがないと 降 り れ な い 。

 

ヴィッツを出すのは基本天気が悪い時なわけで、非常にマズイ。

 

こうなってくるとしょうがない。

型式的に車検が怪しそうということを知ってから敬遠していた、ディーラーに持ち込むことにしました。

 

たまたまピットが空いてる時間帯だったようで、すぐに見てもらえることになりました。

どーせ二度手間になると思って内装は外しっぱなしで来たこともあり、鉄板剥き出しの状態に少し驚かれたようですが(笑)

ひとまずピット員の方に、症状と、自分がどこまで調べたのかを説明します。

えーと現状、…という感じなんですが、やっぱ原因はモーターですかね?

「そうでしょうねぇ」

 

うむ、話が完結した(笑)

 

まずはきちんとチェックしてみるということで、ヴィッツ入庫。

が、数分後には戻ってきました。

「ハンマーでモーターを叩いてみたら、ひとまず動きましたよ」

 

おいモーター、どこの昭和家電だオマエ。

 

まぁ、古いクルマには良くあることですが…。

20年モノのクルマにずっと乗ってると、どーもヴィッツが古いクルマに思えないんですよねー。

 

ひとまずフツーに動くので、様子見ということで。

 

ここで、ピットの方から急に「このクルマってどういうものなんですか」という質問をされました。

え、型式不明問題はよく起こるのでディーラー避けてましたが、もともとディーラーで売ってたクルマと違うのんコレ?

ヴィッツはネッツ系列で売ってましたので…初めてターボ付きを見まして」

 

あー、そうか。

正式ディーラーだとそういうのもあるのか。

もともと、ほとんどディーラーに来ないですからね私。

 

雑談の流れで、動きのおかしいキーレスと、謎配線の多いETCについてもお聞きしてみて、解決策が大まかにわかりました。

 

キーレスは、やっぱアクチュエーター不良っぽい。

ETCが謎配線になってる理由は、ナビ連動で料金表示させるなんてのが純正であるかららしい。

青線と緑線はコレかぁ。

基本は常時電源とACCとGNDでいいらしいので、来週末にでもさっさと配線加工して直結しておこうと思います。

 

 

車齢的にしょうがないのだろうと思いますが、だんだんとヴィッツ号の不具合が増えてきましたねぇ。

シフトがグラグラしてるとか、細かいところは色々。

きっちり直してあげたいという気持ちもあるのですが、ヘタに修理を重ねると、乗り換えた方が安いという状況になります。

 

少なくとも、燃費が良い順にカプ>ビート>ヴィッツと、サブカーとしては費用効率がおかしい状況にはなってます。

かといって、ヴィッツ号の加速に慣れてしまったので、乗り換えるにしても燃費が悪い方向にしか行かない気もします。

ひとまず、カプとビートにない「屋根、エアコン、荷物が積めるスペース」が壊れない限りは頑張ってほしいのですが。

 

もう面倒なので調べてないのですが、リッター10キロは確実に切ってる予感がするヴィッツ号。

リッター6キロだった、初期カプ2号機と給油のタイミングがあまり変わらない気がします。

 

サブコン入れたら良くなるかもしれませんが、ますますサブカーの意味がわからなくなる(笑)