工藤。

皆様ご機嫌麗しゅう。

どーも私です。

台風を追っかけるように飛行機で移動し、離陸から着陸まで揺れっ放しという面白い経験もしながら…取り敢えず生きてます。

 

株主総会後に新体制へ移行した関係で、何か色々仕事だけが増え…ブログ更新する気力もないまま2週間。

2日間ほぼ寝込んだ反動で、どーにか通常モードに復帰いたしました。

 

独立して会社でも作った方が楽な気もしなくはないですが、それは流石に気のせいだと思うので…。

ストレス発散しようと会社帰りにホームセンターに寄り、材料を買うものの工作する気力がないまま(ry

 

せやかて工藤。

 

ともかく、ここ最近の動きをダイジェストで。

まず、カプにディフューザー作ってみようの巻。

今もうちのカプにはそれっぽいのが付いていますが、あくまでもデザインレベルのものなので…。

せめて、フラップでも追加してみようと、安い材料を買ってみました。

けど、やっぱ強度が…微妙。

フラップ本体も、取り付け部分も。

てなわけで、善後策を模索中。

 

他のカプ関係としては、気温が上がってきた関係で、ターボタイマーやらETCやら各種スイッチやら…両面テープ止めの奴らが太陽に負けて落っこちはじめました。

最近は走行中の振動も伊達ではないので、何かトラブル起きる前にということで汎用ステーを落下防止に使って、ダッシュボードに直止めしておきました。

そろそろ、スペアダッシュボードも持っておいた方がいいかいな。

 

続いて、ビート。

ついにブレーキがほぼ効かなくなりました。

 

なんやて工藤。

 

初期制動はかかるのですが、ベタ踏みしてもロックすらせずに滑ってく感じです。

パッドは残ってるので、ひょっとしてエア噛みこんだか?

ってことで、バックスに行ってブレーキフルードを全交換してもらいました。

 

きっちり効くようになりました。

ですね、確かにビートのブレーキタッチは独特ですが、ノーマル同士ならカプよりガツンと効いてたはずですよ。

どーも、3年間のブランクは初期フィーリング忘れまで影響を及ぼしてますね…。

 

最後にヴィッツ

タイヤ&ホイール交換で、ひとまず大きな作業は一段落してますが。

梅雨空の関係でここ2週間くらいはヴィッツ率が非常に高く、随分と動きがわかってきた気がします。

 

クラクションを鳴らすような状況になると、私の場合は他の手を使うことが多いのですね。

先に回避行動に移ってるのと、そこから次の動作に繋げられる手段を選びたいって無意識の選択なんでしょうけど。

 

ブローオフ音で代用したり、スキール音で代用したり…。

FFだと簡単にホイールスピンかませるので、それで代用することもしばしば。

 

今日もカッコつけまくってる某ドイツ車が優先車線を塞ぐようにチンタラ割り込んできて急ブレーキになったので、スキール音で警告しつつ回避しといたのですが。

 

私がFFに乗ると、距離走ってないわりにフロントタイヤが異常に減っていく原因に気づきました。

ホイールスピンを常用してるからか(素