読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボンネットを作ってみよう…その7。

ふと思いついたこととは、こんなことです。

純正の導風板も、放っておけば倉庫の置物になるだけだし、いっそのこと併用してツインチャージ式にしちゃえばいいんじゃない?

 

 

実際に作ってみた。

 

f:id:akr-cappuccino:20140626065507j:plain

 

インテークからの導風板部分はFRPでガチガチの強度のを作っておきましたので、防音?インナーをくり抜いたうえで再装着し…。

仕上げに、純正導風板をいつも通り デ ザ イ ン ナ イ フ でぶち抜いて、FRPのインナー部分との接続はアルミテープ。

アルミテープで仮止めしたら、意外と強度が出たのでそのままにしたというテキトーさ(笑)

 

流速とかの関係はよくわかりませんが、もともと無理な方向にフラップが付いてるので、ちょうど純正インテークとボンネットインテークから別々にエアが入ってくる…のではないかと。

 

 

インナーは意外とどうにかなった感じですが、パテが完全硬化してくると、薄付けパテで微修正したところが痩せてしまい、ボンネットとインテークの接合部分に隙間が目立ってきました。

ボンネット磨きしたら塗装が微妙になってきましたし、素直にパテ修正からやり直した方がキレイに仕上がる気がしてきました。

梅雨上がったら考えよう。

 

 

さて。

梅雨と言えば、そろそろスリップサインが出つつあるヴィッツのタイヤ問題。

 

素直に新品入れるのが確実だと思いますが、間に合わせで買って間に合わせで金色に塗った今のホイール…。

恐ろしく、重い。

 

燃費もかなり悪いですし、動きもかったるい。

ここは素直にインチダウンして純正サイズの15インチに戻した方が色々いいかもしれない。

 

ってことで某オクを巡っていたのですが、やっぱ15インチであってもいいホイールは高い。

そして、しばらく使えそうなタイヤ付きにするとさらに高い。

最低でも10万くらいは用意するべきなんだろうか…。

 

 

と、悩んでいたら、何故か通常のキーワード検索に引っかからない…某有名ホイールが相場より低い値付けで出てることに気が付きました。

ま、どーせ直前に二桁万円まで上がるんでしょうけど、冗談半分で10分前くらいに入札してみるか。

 

 

入札後、ボンネット製作を再開し、帰ってくると。

…あれ?

開始価格のまま落ちてる…。

 

 

良かったのか悪かったのか、何かホイールごと交換することになりました(爆