ボンネットを作ってみよう…その3。

季節の変わり目ということで、例年通り体調が悪いですが…。

まぁ、通常通りですこんばんは。

 

さて。

地味に続ける連載企画、第3回です。

 

倉庫の中から出てきた各種パテを使って、深夜に修正を加えること2日。

ようやく、それっぽいインテークの形ができました。

 

取り敢えず、様子見でサフ吹いてみます。

 

f:id:akr-cappuccino:20140610185947j:plain

「ただ載っけただけ」っぽかった初期に比べれば、随分とそれっぽくなった気がします。

言わないとわからないレベルですが…インテークの前側だけでなく、実は後ろ側もパテで延長してます。

初期型ヴィッツって結構ヘッドライトが大きい印象なんで、もう少し大きなインテークの方がバランス良かったかもしれない。

まぁ、見た目だけで言えば。

 

塗りの段階で、少し悪あがきしてみようか。

 

 

サフが乾いてから、微妙な段差に薄付けパテ盛っておきました。

上手くいけば、明日の夜には下地塗りくらいはできるかもしれない。

 

イマイチ天気が悪いので、ヴィッツ号が動ける状態にしておきたいのもありますが、どーもビートがたまにガソリン臭い(爆

 

リフトで上げないと点検のしようがないし、もう一回くらい似た症状が出たら、週末にでもディーラーに行ってみるか。

 

しかし、近くのディーラーって…。

車高低いクルマを拒むような段差があって、ワークスのリップが大破したとこか…。

AP1とPP1を間違えて部品注文されそうになったとこしかないような。

 

どっちがマシかなぁ。

 

 

【今回のDIYに使った金額】

 

家に在庫してた各種パテ たぶん、実質で1,500円分くらい。

何かのときに買ってた、投げ売りセール品のヤスリ 50円が2パック。