読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クルマ・ザ・サード!

あぁ、高速道路で誰かのカプが事故ってる…。
ドライバーは大丈夫だろうか?


という始まりとなった、八代への旅路。


本日は、八代での花火大会。
そろそろ何年目なのかわかりませんが、大学時のサークルのいつものメンバーで集まりました。


色々とみんなサプライズを持ってくるわけで…。
文字通り、色々と驚きましたが。
クルマの話題でいうと、竹氏のクルマがヴィッツじゃなった。


えらく気合の入った新しい相棒で登場しました。
「鷹の眼」なのは、彼がホークスファンだからなのでしょうか?(謎



…はて。
ヴィッツはどうなるんでしょう?


竹氏「…買う?」
私「いくら?」


花火見に行って、ホテルの駐車場でクルマを買うことになりました(爆


何を言っているのかわからないと思いますが、ありのままを話します。


言った竹氏も驚いてましたが、まさか八代でクルマの商談することなるとは私も予想外でした。
竹氏の愛車だったヴィッツRSターボが、うちの「ノーマルカー軍団」に入ります。
カプ、ビートに続き、都合上サードカーですね。


ストレスが溜まってくると、泥沼にハマるどころかブラックホールを作り出しました。
今日も私は通常運転です。



さて。
まぁ、そんな面白い展開もありましたが…本来の目的は花火です。
エキサイティンッ!席、みたいな名前の席を取ってくれてましたので…。
暗闇の中、落とし穴にハマってエキサイティンッ!しつつ会場へ。
相変わらずの混みっぷり。
素人にはお勧めできない。



あぁ、花火ってこんなに大きかったんだー。
と、いつも山の上から見ていたために思いましたよ。



そして、あぁ、これはお金を払う価値があるんだ、と思いました。
エキサイティンッ席でエキサイティンッできる…まさにエキサイティンッ!
ミュージック花火のあたりになると、光のシャワーに包まれたように錯覚しました。
目の前から頭の上まで、光。


花火って光なんだなぁ…と茫然。
ちょっとした不思議空間でした。



そして、電波ソングで締めくくる秋の夜。


わーたしのー やつしろー。


歌詞の一部を借りると、この花火大会はこういうことです。
「来るがいい!」