モーターショーと人の波。

早朝。
何故か目が覚めました。


数秒後に地震
さらに数秒後、ケータイの緊急避難アラーム。


アラーム、意味ねーじゃん。
というか…地震予知って、私は小動物ですか?


外は土砂降り。
初日といえど、流石に今日はモーターショー行く人少ないでしょうねぇ。
オープニングイベントも中止らしいし。



…と、いう思考で…どれだけ客が減るかが勝負ですね。
こんなときはプラス思考。
決してドМではない。


ま、泊りがけで来てる人は来るでしょうけど。
果たして…土砂降りの中、クルマ見にくるヘンタ…物好きはどれだけいるのか。
流石に少ないでしょう…流石に。









結構いた。
どんだけクルマ好きなんだよ…俺を含めたお前らァアアア!



すでに、ゆりかもめで前売り券&乗車券セット買う段階で行列が3列。
ビッグサイトに着くと、エスカレーターの手すりまでモータショー仕様。
ずぶ濡れの誘導員さんの指示に従って、同じくずぶ濡れになりながら順路へ。
ズルしていく人もいましたが…それもアレなので真面目に並びます。
延々遠回りして、ようやく会場へ。



少しずつ天気が回復するに従い…人がガンガン増えていきます。
私が到着して30分後にはさっきの写真の状態。


あちこち回りつつ…第一の目的。
試乗会です。
同乗走行ってことに気付いたのは会場で並んでからでしたが。




やはり、皆の目当てはこのあたりのようです。
助手席といえど、AMGのSLSなんて乗る機会ないもんなぁ(笑)
SLSって、ガルウィングのアレですね。


1回目の抽選では、くじ引きする前に規定人数になって終了orz
2回目では、少し早めに行って…最後から数番目でどうにか抽選までこぎつけました。


あれ…あっさり当たった(笑)



とはいえ残ってるのは、やはり実用車系がほとんどで…。
いや、一台違うのがあります。




ルノーのウインド!
これは展示してあったゴルディーニVer.ですが。
リトラ式のオープンカーですね。


ジャーナリストさんが運転する助手席…。
って、左ハンドルだから、当然右シート。
んで、オープン。
何か…普段とあまり変わらない(笑)


屋根どうします?と聞かれて。
いや、いつも乗ってるんでオープンで…と。
流れで、出走待ちの時間にカプやビートの話を。


じゃあ…ってことで。
リトラ式の屋根の開閉を見せてもらいました。
おぉ、何か私の番だけサービスしてもらってる(笑)
結構屋根の作動早いし…エンジン音も勇ましい。
しかもMTか…やるなルノー
クルマの本職の方相手ですし、クルマの話で盛り上がり…。



それまでは、ポルシェなどの一部スポーツカー以外はファミリー向けのんびり走行だったんですが。
ん、何かライン取りが今までの走行と違ッ…。
何故か、私のときだけ 全 開 。


モータージャーナリストの解説を聞きながら…。
新型の輸入車の助手席で全開走行体験。
結構な贅沢ですね(笑)


何だか、すっきりしました。
アレか、既に…オープンでエンジンをレブまで回さないとストレス発散できない体質か。


私の順番が終わって帰ろうとすると、何だか他のクルマも急にラインが変わってました。
何故ハイブリッドカーが全開走行?
うん、路面が乾き始めたからだよね…まだ濡れてるけど。
私が原因じゃないよ、たぶん。



楽しい気分で会場に戻ると、そろそろ朝方の3倍近い人出。
ラッシュ時の電車ほどではないですが…。
目玉のコーナーは3重くらいに人が取り巻いてて、何のクルマがあるのかすらわからん(爆


しかし、熊本で体験したモーターショーと違い…。
ディスプレイにも凝ってますね。



ミニが壁にしがみついてたり。
新発表のクーペですね、コレ。


コンパニオンさんを撮ろうする人がこんなにいるのか…。
どんだけデカいカメラ持ってきてんだ100人弱くらいの人たち。


つーか、悪いがポーズ付けてないでどいてくれまいか。
コンパニオンとそれを撮ろうとする人たちでクルマが見えん(爆


限定のエコバッグを買い、パンフなどをもらいながら歩きます。
歩くというか…人の波への波乗り?



さて。
86やコンセプトカーなどの有名どころは雑誌の写真の方がキレイでしょうし…。
撮った枚数全部上げるのもアレなんで。
雑誌に載りそうになさそうなやつをメインで紹介行きます。




「都内一戸建て」が置いてありました。
5400万だっけ?
ポルシェやAMGなどの高級車ブースの隅にありました。
ジャガーは新型スポーツカーも置いてましたね。




バイクのパーツを使ってるクロスボウだけに…バイクメーカーのブースにありました。
ディフューザー製作時に真似できないかと、お尻だけ撮ってきました。
ボディのカーボンの処理も参考になりそう。
バイク試乗コーナーもあったんで、バイク好きも多く来てるっぽい。
あまりバイクはわかりませんが、「カワサキは未来もライムグリーン」の垂れ幕には笑いました。




ポルシェのお尻。
これも、カプのボディ製作時に参考にならんかなぁ…と。


ポルシェブースは、解説も何もなく「買いたいなら買え」という雰囲気。
プライドあるんだろうなぁ。
対照的なのはメルセデス
演出もすごいんですが…。
雑誌に出てそうなモデルさんが颯爽とポーズをとって、お父様やお兄様方が必死にシャッターを…。
って…これ、モーターショーだよな?




新型インプとS206の写真は…リクエストがあったルトさんに送ったんで。
話題のBRZを。
トヨタはオレンジの86一台みたいでしたが…。
ドラ○もんコラボなのか、どっちかというとファミリー向けの演出みたいでした。
周りの人みんなが言ってましたが…。
「86なのに、なんでオレンジ?」


スバルのBRZは、色や装備違いの3台とレースカー1台。
どんだけ気合を…。
WRブルーっぽい青のBRZを見てたら、突然スバルブースが音楽と共にブルー照明一色。
ブースのクルマ全部がイメージカラーのブルーになりました。
これを狙って、白と青のクルマだけしかなかったんだな!
ぜ、全然鳥肌なんて立ってないんだからね!(笑)




あと、これも有名どころですが…。
見た瞬間、はて…ビートの出展?と思いました。
イラストや写真だと普通車っぽいですし、そこまででもないんですが…実物見ると。
パーツごとの意匠や全体的なパースがビートなんですね。


写りが悪いのは…ホンダブースが独立した建物になってるせいです。
闇の中で各車にスポットキラキラ、LEDとネオンがビカーって感じで。
ケータイのカメラじゃキレイに写りませんでした。


噂のNシリーズは…結構カッコ良かったです。
あの形のまま市販されるのかな?


どのブースでも、「指紋を拭く係」の人が、人が触る度に拭いてました。
子供はともかくとしても…。
結構意味もなくベタベタクルマ触る人いるんですね…。
エンブレムつまんでみたり…自分のクルマにされたら嫌じゃないんだろうか。


他にも、バスやらトラックやら…「オート三輪」やら。
トラックのエンジンディスプレイでは…タービンでけぇ。
IHIか…カプに付けたら何馬力…。


GT-Rのシート体験には行列。
スズキは気合入ってて…何よりもスイスポに行列。
ファッションショーみたいな演出で驚きました。
ダイハツは、既存ラインナップ全部持ってきた総力戦みたいでした。


関連企業や工具メーカーもあったんで…。
整備工具と電動工具はカタログもらってきました。


そして…今後に備えて、某ホイールメーカーの最新版カタログ。


結構粘って…4時間くらいいたんでしょうか?
流石に疲れて…あと、パンフレットの山が重い。
ボチボチ帰るか…。


帰るころには、入場制限になってました。
明日は朝から晴れるらしいですし、とんでもない賑わいだろうなぁ…。
ずぶ濡れになってでも早めに来てよかった。



会場内で、ふと見かけた…どこかのメーカーの偉い人っぽい、外国の方。
開場を埋め尽くす人を見て、ニコニコしてました。
そりゃ、悪天候の中こんなにクルマ好きが来たら、嬉しいだろうなぁ。
クルマの未来も、それなりに明るいのかもしれぬ。



正直、入場料1500円分の価値はあるのか?と思ってましたが。
結構楽しかったです。
特に、同乗走行は相当楽しかったです(笑)


ただ…会場内でご飯食べるのには覚悟が要ります。
どの店でも大行列です。
私は、時間がもったいなかったので一切食べませんでした(爆


あと、各車をじっくり見るってのは無理です…。
そんな余裕も時間もないですね…開場前に並んで、目当てのブースにダッシュで入らない限り。
写真撮るのも大変なので…気付かれたかもしれませんが、全体的に人の頭越しに撮ってます。



そんなこんなで、本場での初モーターショー参加は無事に終了しました。
ネタを期待された方には申し訳ありませんが…。
会場内で派手にこけたり何かやらかしたってこともなく。
たまには無事に終わるわけですよハッハッハ。


…で、 こ こ ど こ よ ?


ゆりかもめはピストン輸送していることを知った寒空の日。
行きと逆側に止まってる車両に乗っても、「帰り」方向とは限らない。


レインボーブリッジ渡らないなぁ…と思いながら、貰ったパンフ見てたら逆側の終点まで行きました。
大丈夫、こんなこともあろうかとモーターショー限定発売の「一日乗車券」買ってるぜ!


何か負けた気がしたので。
折り返しで、先頭車両の一番前の席に座りました。
自動運転式なんで、最前列ってパノラマなんですよ。


お台場の夕日を眺めながら優雅に?帰宅。
キレイにオチも付いたところで…。
以上、東京モーターショー参戦記でした。