アルトもあると。

ようやく、ビートに装着終了!



愛之介さんからいただいた、「キーを刺さなくてもパワーウィンドウが動くキット」です。
確かに…地味に便利です(笑)


痒い所に手が届く感じ。



さて。
珍しく早く帰ってると…。
役員さんから「何、デート?」と聞かれます。


どうして…早く帰るだけでネタにされるのでしょうか私は(爆


本日の予定は、リ―嬢のクルマの整備です。
カプ用の香りを作ってもらったので…そのお礼に。
まぁ、ちゃんとお代は払ってますけどね(笑)


クルマは新規格二代目のアルト。
新車で買ったそうなので、見たところ問題はなさそう。
タイヤがそろそろお疲れ気味なくらいでしょうか。


コンプレッサーでタイヤに空気を入れ、エアクリフィルターを気持ち掃除。
ボルト類をステンキャップに交換。
オイル・水周りを点検しますが…流石に問題なし。
オイル交換はちゃんとしてるそうなんで、チョイ乗りの割には元気に見えます。


しかし…。
マジマジと、このバージョンのアルトを見たのは初めてなんですが…。
初代新規格に比べても、色々なものが付いてます。
旧規格のアルト&セルボシリーズは見慣れてますが(笑)


ヘッドライト横に謎の配線。
エアクリへの導風管が不思議な湾曲。


テストしたうえで、色々なバージョンアップがされてるんでしょうけど。
旧規格のように単純な作りでなくなったとすると、ヘタに社外パーツ付けると大幅にバランス崩れたりするんでしょうかね?
そういや、K6AのNAってじっくり見たの初めてかも。
うちのワークスもK6Aでしたが、補器類が違いすぎて別物に見えます。
まぁ、新規格ワークスと旧規格ワークスでも違いすぎて別物に見えますけど…。


夜、おじんが〜師匠から緊急招集のTELが!
週末、ちょっと九州まで出てきます〜。
雨っぽいんで、たぶんビートですね…。
エアコンレスのカプで雨の高速に乗ると…地獄をみますのでorz