突発ABC。

やはり…おかしい。



どうみても、「アルトマニア」の様相を呈しています。
…というか、ノーマルの車高って高いですね(笑)



さて。
何やら、もるのビートの調子がおかしいらしいです。
どこからか「にーん」というらしい。
…忍者でも飼いはじめたのでしょうか?


山口ABCミーティングに参加するらしいので、朝方にチェックすることにしました。
ま、私はカプが入院中なので不参加の方向ですが。
アルトで行っても浮きますからねぇ…。



…で。
ビートがやってきて知った事実。
勝手に直ったらしいです。
住み着いてた忍者が家出したのでしょうか?



…やることがなくなりました。
明日に備えて寝ておこうかとも思いましたが。


もるがビートを貸してくれるそうです。
…私が運転するなら、ということですが。
折角だもんなぁ…行ってみよう。




おぉ…結構多いですね。


今回はビートの整備担当として来たので、他の方のビートを集中的に見て回りました。



気合入ったビートが多いですね〜。
明るい色が多いのに退色してない…というか、皆さん全塗装ですかね?


ビートオーナーの方々から、色々とアイデアをいただき…。
早速、簡単なものから実行してみることにしました。


帰り際、少々峠ちっくなとこを通って買い物に行きます。
峠みたいな場所だと、どうもビートの方が乗り易い印象です。
動きが素直な感じ、といいましょうか…。


のんびり走ってたら、煽ってくる不届き者がいました。
8000回転まで回したら付いてこなくなりました。
まぁ、普通車でKカー煽ってくるのってこの程度だよなぁ(爆



ホームセンターを回り、材料を集めます。



結果、ビートに物置ができました(笑)
たまたま防水パッキン付きのものがセール中だったので…それなりに耐久性もありそうです。
ついでに、リアの遮熱板も外れてたので直しておきました。



作業ついでに、代車アルトの整備もやってみます。
しばらくお借りするんで、簡単に直せるとこはやっておきましょう。


まず気になったのは、ドアが落ちてきてることです。
普通にやっても閉まりません。
まぁ、2ドアタイプならありがちな感じですね…。


フェンダー外してドアの固定ボルトいじるだけですが…。
一人でドアボルト外すととんでもないことになるのは経験済みなんで…。
これは保留で。


続いて、アクセルが非常に渋い。
ペダルのヒンジ部分でしょうか?
「5−56とブレーキクリーナーで万事解決」の格言?通り、5−56で攻めます。
あら、大して変わらない。


ってことは、アクセルワイヤーですね。
アクセルワイヤーかぁ…。



取り敢えず、外してみました(爆
ワイヤーインジェクターかまして5−56でフィニッシュ。
シリコングリスまでは面倒で入れなかったので…劇的!とまではいえませんが。
普通のフィーリングにまでは戻りました。


あとは、カー用品店でのいわゆる「無料点検」一式。
この辺はバイトで慣れてるので一通りやっときます。
不足してるものは、適量まで補充しておきます。


よし、これで大丈夫だろう。
と、エンジンかけてみると…何この異音?


よく聞いてみると、オルタのベルトっぽいです。
確かに、張り具合をみるに…少々緩んでますね。


うーむ、カプのオルタなら比較的楽そうですが…FFは奥まってるもんなぁ。
何かのついでにやる作業ではきつそうです。
ひとまず、ゴムパーツの保護スプレーを吹いたら改善されたので様子見で。



仕上げに洗車、といいたいとこですが。
ここのとこ洗車ばかりだったうえ、同じクルマを2台同時は辛い。
来週末にでも、まとめて2台のアルトを洗うことにしました。



代車アルトで駐車場内をグルッと回ってみましたが…。
アクセルが直ると、やっぱキャブよりパワー感があります。
うーむ、やっぱキャブ車を選んでしまったのは失敗だったかなぁ?