カプが死んだ。


 カ プ が 死 に ま し た 。 





ボディ全体が曲がったので、修理は不可能と思われます。
ロールバーのおかげで、救急車で運ばれたものの…ドライバーは何とか生きてます。


外装フロント〜サイド、屋根周り大破。
エンジン・駆動系・足回り大破。
ロールバー損傷。



ここまでボロボロになっても、私自身は何とか歩ける状態です。



カプが守ってくれたのだと思います。
ありがとう、相棒。




お世話になってるスズキの人たちが全面的にサポートしてくれました。
今後どうなるかはわかりませんが、時間をかけて2号機で復活させるかもしれません…。
取り敢えずピューパさんのとこにどうにか持っていって、それから考えようと思います。




正直、いつかこんなことになるんじゃないかと思ってました。
チューンドKカーで200キロオーバーを出す。
普通に考えて綱渡りみたいなもんです。
パワステもスタビリティもないクルマの高速巡航なんて、ステア操作を少しでも間違えれば死にます。
このまま基本プライベーターで改造を進めていったら、いつか私自身が死ぬような気がしてました。




けど、なんとかうちに帰ることができました。
今のところ、打撲だけのようです。
肋骨が痛いけど…ヒビでも入ったか?



家で彼女が待っててくれました。
大切な人のもとに私を帰すため、カプが身代わりになってくれた気がします。
今後、またカプチーノに乗ることがあるかもしれないし、他のスポーツカーに乗るかもしれないし、フツーのクルマにしか乗らないかもしれない。



けど、これからも「相棒」といえばカプのことが最初に浮かぶんだと思います。





保険での全損保障金額は15万。
損益計算では莫大な損失かもしれませんが…不思議と後悔はしてません。


特にここ数年、全力でやってきたから…かもしれません。
精一杯やった。
全部つぎ込んで、カプはそれに応えてくれた。
ただ、逝くのが何年か、何十年か早かった。





最後に、ネット上ということもあってあまり表立って書いてなかったカプのスペックを、墓碑銘代わりにして手向けにします。



スズキ カプチーノ 
H3年式 EA11R
走行距離:74000キロ
スペック:N2仕様+α
最高速:200キロ弱 ← ブーコンレス仕様(ブースト0.8)時
     未測定 ← フルブースト(ブースト1.1)時
加速力:インプレッサWRX以上(5速固定時)
経費:車両購入費+各種維持費+改造費(先月までで210万くらい?)=たくさん




最後にはストレートでもインプに勝てた。
その辺の「自称速い」連中は片っ端から潰した。
黄色ナンバーの意地を見せてもらいました。
お前は頑張りすぎだよ…バカなオーナーに似て。





ありがとう、俺のカプ。


さよなら、俺の相棒…(-ω-)